働きがいがあるから小児科を探したい

最近は小児科医の不足や、家庭での育児教育のレベル低下から、患者さんだけでなく家族への支援も含め、小児科看護現場はいろいろと大変のようです。

でももちろん看護師の仕事はどこでも大変なのは同じであり、お子さんの笑顔が励みになるという理由から小児科を希望する看護師はたくさんいるようですね。

しかし、そのような背景から小児科の看護師になろうと思ってもなかなか難しいところもあるようです。

そんなときに役立つのは、やっぱり看護師転職サイトでしょうか。
最近は一般の転職サイトとは別に看護師専門の転職サイトがあり、それらを活用して希望の職場に転職される方が非常に多いようですね。

そこで、小児科を探すのにおすすめの看護師求人サイトをいくつか紹介します。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

1分間で簡単に無料登録は完了。
非公開求人の中から驚きの高額給与求人を紹介してもらえます。
年間に利用する看護師さんは10万人以上!紹介実績No.1のサービス!

ディップはたらこねっと

ナースではららこ

会員登録前に仕事の検索ができます。
2012年楽天リサーチ調べ看護師人材紹介で顧客満足度ナンバー1!
9万件の求人情報の中から良い仕事を紹介。質と年収で1位獲得

看護ジャパン

看護ジャパン

1分で簡単無料登録。
希望の医療機関を逆指名可能。
女性の転職30年の実績のパソナ。病院情報は全国約10万件

§小児科について

小児科とは子供の病院というイメージですが、実際のところは年齢制限はありません。
一般的には中学生までと考えられますが、法律や健康保険での規定はないようです。

つまり、小児科は子供向けということであって、子供専用ということではないのですね。
ただし病院によっては、混雑緩和から高校生までという制限を設けているところもあるようです。
また、市販薬が15歳以上を大人向けの薬としていることから、14歳までが小児科の対象とする考え方もあるようです。

子供のときのかかりつけという理由で、成人になってからも利用するという方も少なからずいるようです。
ただ多くの人は、大人に見られたいという気持ちからも、小児科には行かないようになるみたいです。